WINDGATE ベルリン ブログ

ダイナミックな建設ブーム

現在のベルリンは建設の面で、ダイナミックなハブとなっている。街中を悠々と流れるシュプレー川沿いには、建設クレーンが林立するが、ドイツの他都市では、このような景観は見られない。この建設ブームは、この先しばらく勢いを弱めることはないだろう。
今後3年間で、約5万5000件の新しい建設プロジェクトが完成する。
これは、2015年から2017年の間に、建設が予定されている10万件以上のプロジェクト許可数に基づいている。
2014年→合計2万件の建設許可が出ている。2015年~2017年→年平均では3万5500件に上るであろう。
これは、東西ドイツ統一後に見られた増加率を上回る計算になる。
この建設ブームの背景には、いくつかの理由が挙げられる。最も重要なのは、新しい居住者の流入が続いていることだ。2016年現在、年平均で約4万人がベルリンへ引っ越してきており、この数は今後増え続けると予想されている。2013年末時点→ベルリンに約190万の居住用アパートがあった。
増え続ける都市人口に対応する形で2030年までにさらに14万件の需要が生じるだろうと、ベルリン議会は予測を立てている。

ユーロ圏の経済見通しを巡る不安感が払拭されないこと、また、ベルリンの低金利が維持されていることもあり、この都市の有形資産投資、不動産の需要増加が後押しされている。しかしながら、建設ブームとはいえ、土地購入/プラニングの段階から建設許可が下りるまでのプロセスは、時間がかかるため、この建設景気がもたらす好影響が実際に感じられるまでには、ま
だしばらく時間がかかりそうだ。そしてまた、この都市がドイツ国内の他都市に見られるような人口過密状態を呈する心配は
ない。ベルリンには、新たな居住用建設プロジェクトを可能にするスペースが潤沢に存在しているからだ。ベルリン及び他の市街地でも、不動産市場における物件数不足から生じている圧力は、今後緩和されるだろう。2010年以降、国内全体で建設許可数は増加しており、この傾向は今後も維持されると見られている。ドイツ連邦統計局の報告では、2015年1~3月→建設許可が下りた居住用マンション建設プロジェクトは、その前年の同期間に比べ1・5パーセント増となっている。

※ドイツ不動産セミナー

~先進国の知られざる「成長都市」ベルリン及びフランクフルト、ハンブルクの最新事情と不動産投資のポイント
・2017年12月10日(日)13:00 – 14:30
・ウィンドゲート本社内 セミナー会場

関連記事一覧

  1. ベルリンの壁

言語

カテゴリー

PAGE TOP