WINDGATE ベルリン ブログ

ドイツ・ベルリンでの家賃滞納時の手続きについて

家賃滞納が発生した際、法律的に下記の手順が取られます。
・2ヶ月間支払がなかった際、支払期限が決められ、その期限をテナントに通知&支払催促/警告
・期限までに支払われなかった場合、テナントへ『弁護士へ連絡し”Räumungsklage”(明け渡し訴訟)を行う』旨を連絡
(この手続きが行われる場合、弁護士費用が高くなります)
・それでもテナントからの反応がなかった場合、この”Räumungsklage”が裁判所へ提出される
・裁判所にて、支払締め切り日が正式に決められる。
・この支払締め切り日が守られなかった場合、テナント強制退去措置が取られる
通常、テナントが敷金として入居当時の家賃数ヶ月分を支払っています。
今後、万が一強制退去措置が取られる事態になりましたら、敷金から滞納分が戻ってくるシステムです。
以上が、滞納時に取られる通常の手続きとなります。

関連記事一覧

  1. テーゲル空港
  2. ベルリン不動産投資 地価の低い理由 動画
  3. ベルリン不動産投資セミナー
  4. ベルリン不動産・減価償却の計算のもととなる地価情報
  5. ブランデンブルク国際空港
  6. 尾嵜豪と駐日ドイツ大使ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン氏が握手
PAGE TOP