ドイツの不動産を購入するならこの流れです

ベルリン不動産 購入の流れ

ベルリン不動産の専門家・エージェントである尾嵜豪、ベンジャミン・グロスによる、セミナーを開催(6回/年)

投資内容の説明
パワーポイント及び具体的な資料によりドイツ・ベルリン不動産の説明
●希望エリアの確認 ●ご予算の確認 ●諸費用の説明 ●物件視察、今後の進め方について等を説明しながら、
条件に合う物件等をおススメします。

●ご希望の条件に合ったものをご提案 (メールor 書面) ⇒IRR、利回り、管理費、減価償却期間などを明示
●ご融資希望の場合は、条件等を明示(個人の場合のみ)法人での融資は別途相談
●媒介契約書・守秘義務契約書を交わさせて頂きます。
物件について、じっくりご検討ください。

ドイツ不動産購入予約物件決定

購入希望物件を選定の上、ご連絡ください。すぐに物件詳細をお送りします。
ドイツ情報保護法によりNDAに事前に署名頂きます。
(テナント同意書、登記資料、物件の修繕管理履歴、エネルギーパス・議事録等)

ドイツ不動産、物件購入予約申込書記入

購入予約申込書に記入(費用はかかりません)
※現地物件視察をする場合、渡航日の調整を行います
(現地視察なしでも物件購入可能ですが、視察をお勧めします。)

ドイツ不動産物件視察

ベルリンにて物件内覧(日本語の話せるスタッフ同行)、及び購入物件決定
⇒成田~ベルリン往復旅費(航空運賃8万円程度~)⇒宿泊費(1泊60€程度~)
⇒現地案内費用:通常1日~2日(1日あたり500€+tax)
●物件を購入された場合、現地案内費用は仲介手数料に充当されます。
(フランクフルト、ハンブルクの物件視察は別案内となります。)

ドイツでの銀行口座開設

ドイツでお客様の銀行口座を開設します。
(テナントからの賃料振込及びローン実行時の受入銀行等の為に必要となります。個人はパスポートのみで可、法人は会社謄本・印鑑証明・定款+アポスティーユの認証ドイツ語訳が必要となります)
●口座開設のサポートサービスを希望される場合:1アカウントにつき200€+tax19%

ドイツ不動産の買付申し込み

買付申込(LOI=Letter of Interest)へ署名後、不動産会社に提出⇒売買契約書作成同意書に署名
※契約書ではありませんので、この時点でキャンセルしても弊社へのお支払いは発生しません。
●支払能力証明(=残高証明書を取得ください)

●ドイツの司法書士兼公証人が仮売買契約書を作成します。売買契約書作成料をお支払いいただきます。
(契約サイン会費用と併て請求される事が多いです。)
●必須書類
【個人の場合】
・委任状(契約を委任する場合)⇒ドイツ大使館で認証署名が必要
・パスポート
・銀行の残高証明書原本×1部
【法人の場合】
・登記簿謄本+アポスティーユ(外務省で発行)×1部⇒認証ドイツ語訳必要
・委任状(契約を委任する場合)⇒ドイツ大使館で認証署名が必要
・銀行の残高証明書原本×1部
※その他、場合によっては追加書類提出あり

ドイツ不動産仮契約書日本語訳作成

●不動産売買契約書の原本(ドイツ語版)をお渡しします。
●書類受取から2週間の確認期間(ドイツ法による)が設けられています。
●弊社事務所にてドイツとのSkypeセッションで契約内容の説明会を行います。
●司法書士とのサイン会(契約)の日程を決定します。
●ドイツ語→日本語のサマリー作成・翻訳料金は物件によりますので都度ご説明いたします。
(弊社or弁護士の選択可能)

ドイツ不動産契約、サイン会

●契約書説明会・契約書署名(サイン会)
【ご購入者様本人がドイツに行ける場合】
・契約書説明会・サイン会にご同席ください。
(参加者:司法書士、売主、買主、弊社担当、通訳)
・本人確認の為、必ずパスポートをご持参ください。
・通訳者の手配が必要な場合相談にのります。

【ご購入者様本人がドイツに行けない場合】
・購入者様は弁護士orウィンドゲート担当に委任状作成⇒認証が必要
(参加者:司法書士、売主、買主代理、弊社担当、通訳)

ドイツ不動産、お支払、かぎ渡し、登記

●サイン後、振込期間(=基本3週間)内に⇒公証人兼司法書士による不動産仮登記実行(この時点で売主の権利が消失される)⇒ 契約締結署名会~原則3週間以内に売主の口座へ支払い(エスクロー口座の場合もある)⇒仲介手数料の支払い⇒物件引渡し(物件最終確認・自己居住の場合カギ渡し)⇒
・不動産本登記(完全な所有権の移転)
※仲介手数料振込時期は物件により変動します。

日本語の話せる現地スタッフと渋谷のオフィスとで、しっかりとサポートさせていただきます。

 

言語

PAGE TOP