WINDGATE ベルリン ブログ

12月はクリスマスマーケットの季節

12月に入り、ドイツではクリスマスマーケットのシーズンとなった。ベルリンでは市の観光ポータルサイト「Visit Berlin」で紹介されているものだけでも53か所でクリスマスマーケットの開催が予定されている。冬の寒さは厳しいが、地元住民・観光客を問わず一年で最も人々の心が熱くなるのが12月である。
日本のお祭りがそうであるように、ドイツのクリスマスマーケットも地域ごとにバラエティ豊かなのが特徴だ。特にベルリンのクリスマスマーケットは伝統的なものから外国のエッセンスを取り入れたもの、ある特定のテーマに絞ったものまで多種多様であり、何度訪れても飽きることがない。ここではそのいくつかを紹介したい。

【1】グルーネヴァルドのクリスマスマーケット(Märchenhafter Weihnacjtsmarkt am Jagdschloss Grunewald)

ベルリンの南西部に広がる森林地帯にひっそりと佇むベルリン最古のお城で行われるクリスマスマーケット。ここはもともとプロイセン時代の王様が狩猟を楽しむ離宮であった。最寄りのバス停から真っ暗な森の中を1kmほど歩き続けなければいけないが、その先に突如賑わいを見せるマーケットが現れる。クリスマスマーケットには入場料を徴収するものとしないものがあり、グルーネヴァルドのマーケットではお城の入り口で入場券を購入してから中に入るシステムだ。伝統的な雰囲気が人気で、常に行列ができている。

出典:Märchenhafter Weihnacjtsmarkt am Jagdschloss Grunewald Facebook公式イベントページより(https://www.facebook.com/events/1970611479874438/)

【2】ジャパニーズクリスマスマーケット(Japanischer Weihnachtsmarkt Berlin)(Märchenhafter Weihnacjtsmarkt am Jagdschloss Grunewald)

日本に関わる飲食店・雑貨屋・アーティスト・デザイナー・団体などが一同に会し、Arena Berlinという大きなメッセホールを貸し切って行われるクリスマスマーケット。日本食を堪能したり、伝統芸能のステージを楽しんだりしながら日本人・外国人問わず日本に関心のある人々が交流する大切な場となっており、ベルリンにおける日本文化の人気さを感じるマーケットである。2017年の開催は残念ながら見送られたそうだが、2018年の開催を楽しみにしたい。このマーケットでは日本のクリスマスとお正月の雰囲気をいわば”逆輸入”したもので、ベルリンの文化の多様性がここにうかがえる。

出典:Japansicher Weihnachtsmarkt Berlin 公式Facebook ページより(https://www.facebook.com/japanxmasmarket/)

古くから教会や市庁舎、宮殿の前に空地が設けられ、広場の活用に多様な文化があるヨーロッパ。クリスマスマーケットはその代表例と言えるだろう。昨年ベルリンではカイザーヴィルヘルム教会前のクリスマスマーケットで悲惨な事件が発生したが、これを受け今年はベルリンの各クリスマスマーケットにおいて一層の安全対策・警備強化がなされている。時代が変わっても長く親しまれ続けるクリスマスマーケット、安全と安心を共にこの文化が継承されていくことを願う。

関連記事一覧

  1. ベルリン不動産投資セミナー
  2. ウェストエンドリビング Westend Living 物件動画
  3. ブランデンブルク国際空港
  4. ポツダマープラッツ

言語

カテゴリー

PAGE TOP