WINDGATE ベルリン ブログ

ベルリンの人口増加と新ハブ空港

5.ベルリンの人口推移ベルリンの人口増加
ベルリンの今後の成長性を見るうえで人口の推移が大切となる。
長い歴史で見る推移
1920年→約380万人
1937年→約434万人
1945年→約280万人
2002年→約339万人
2016年→約350万人
戦前、一度は人口が急増したが、戦争による被災・ベルリンの壁などの影響もあり、人口は激減した。その後統一ドイツの首都として再整備される中で人口は増え続け、現在はおよそ350万人が生活している。ここ2年は年間5万人に到達しようかという勢いで人口が増えている。ozaki_05
もともと400万人以上が住んでいて都市のキャパシティがある上に、ゆったりとした都市計画のベルリンは、まだまだ成長余地を持っている。ドイツ国内からの首都への移動だけでなく、ヨーロッパ各国からの移民が多いのも特徴だ。今後の人口増加も大いに期待されており、不動産投資は活発化し、地価が上昇する要因となっている。
(注:ベルリン市街面積が時代により異なっているために。戦前の人口は参考値としてとらえてほしい)

 

ブランデンブルク国際空港6.ブランデンブルク国際新空港
今後、ベルリンの地価が上昇する要因の一つにブランデンブルグ国際空港の開港がある。
既存のテーゲル空港は設備が古く手狭であり、市街地に近いことから騒音問題がある。また鉄道駅が空港に直結しておらず、バスまたはタクシーで中心地に向かう必要があるという問題を抱えている。
それで、ベルリン南東のシーネフェルト空港の拡張という形で近代的な国際空港を建設することとなった。4000m級の滑走路を備えており、遠距離便も直接乗り入れることが出来るようになる予定である。まだ決定はしていないが、日本との直行便が飛ぶのではないかと言われている。ドイツはいままでフランクフルトをハブ空港として発展させてきたが、首都に乗り入れることができる大型空港が完成すれば、より多くの人がベルリンを訪れるようになり、居住者も増えていくであろう。

関連記事一覧

  1. 尾嵜豪と駐日ドイツ大使ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン氏が握手
  2. euro
  3. ベルリンマップ
  4. 会社概要
PAGE TOP